LEDの活用

屋内電気配管工事

電気工事をしてもらうと、このシーリングを一つ付けるだけでも、数千円かかってしまうので、出来れば自分で取り付けることをお勧めします。
家の照明器具を全てLEDにすれば、家の中も明るいですし、光熱費も安くて済むので、とても経済的です。
それに、LEDだと、寿命も長いので、頻繁に交換する必要がなくなるのです。

今のものは、10年間交換不要というものがたくさんあるので、そういったものを選んで取り付けるのがいいでしょう。
どうしても自分で電気工事をするのが怖いという場合には、電気屋さんに頼んだほうがいいです。
無理をして失敗してしまったら、意味がありませんから。

証明器具の取り付け

led電球

光熱費をなるべく節約したいからと言って、家の電気をLEDに買える人が増えてきています。
今まで使っていたものが、蛍光灯であれば、LEDにかえただけでも、光熱費は削減できます。
ただ、昔の古いタイプの家だと、照明器具を取り付けるところが、直結になっていることがあるので、今の照明器具がつけられないことがあります。

そんなときには、電気工事を依頼しなければなりません。
しかし、電気工事をしてもらわなくても、照明器具をつける工事は、自分でも出来ることがあります。
直結の時には、ある程度知識がなければ難しいのですが、少しだけ勉強をすれば、直結部分にシーリングを取り付ければ、簡単に照明器具を取り付けることが可能になります。
シーリングさえついていれば、それに対応した照明器具を買ってきて取り付けるだけでいいのです。

照明器具の情報

電柱に登り電気工事

普段何気無く使用している照明器具ですが、実はあまり知られていないメンテナンスがあります。
その存在を知ることになるのは、LEDに交換する時です。
消費電力の低さと長寿命の特徴を活かすために、LEDタイプの照明器具に替えることはよくありますが、その際に電気工事を勧められることがあります。
LEDはそのまま照明器具に取り付けることができるので、何故にと疑問に思うことと思いますが、実は照明器具には寿命がある部品が備わっているのです。
それは、内部にある安定器と呼ばれるもので、通常は10年ほどで交換が必要となるものです。
もし交換せずにそのまま使用を続けていると、せっかく新しい照明に変えてもすぐにちらつき始めたり、電力が余計にかかったりしてしまうのです。
そのためにこの交換機を替えるための電気工事が必要になるということです。

特に、LEDに交換する際には、それ専用の交換機が必要となるために電気工事を勧められるというわけです。
これまでの蛍光灯で下手をすれば20年以上はそのまま使用しているケースが良くみられるのですが、気がつかないだけでかなり効率は悪くなっています。
電力も余計にかかっていますし、蛍光灯も本来の寿命を迎える前に消耗してしまいます。
これからLEDに替えて電力の削減を考えるのであれば、最初に少し出費となりますが、電気工事で交換機を替えておいた方が良いと言えます。
本来の照明器具の能力を活かすことができるようになります。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031